【MIDORI/ミドリ】MDノート・文庫サイズ(方眼)

品番:15001006

商品ID:15882539

660円(税60円)

在庫状況 5

購入数

人気の高いMDノートに待望の方眼タイプが登場しました。

方眼の形状も一般的な□ではなく「コ」の字を横に倒したような形。

端から1センチごとに「|」の目印。5センチのところに小さな「●」の目印が入っています。



質の良いものだからこそ愛着がわき大切に使う事が出来ます。
品質にこだわった、書籍サイズの日本製ノート登場!
携帯性にこだわり、サイズは持ち運びサイズの定番である書籍サイズなので、ポケットや鞄に入れて持ち歩いてください。
書きやすさにこだわり、糸かがり製本になっているため、180度フラットに開き、書き込む際のふくらみが邪魔になりません。
カバーにパラフィン紙を巻き、ノートを保護しながらも紙の素材を感じて頂けるようになっています。
余計な装飾を一切加えないシンプルなデザインはカバーなどのカスタマイズによる様々なアレンジが可能です。

文庫サイズ:148×105ミリ(176ページ)
罫線:5ミリ方眼
私たちは、高品質の筆記用紙とはどんな紙だろうか、ということに長い間こだわってきました。
ノートや手帳の紙は、日々の出来事や約束事を書き留めたり、思いやアイディアを表現するための大事な場所です。お気に入りのペンで、心地よく書けることは、なによりも重要だと考えます。
大切な事を記す時、書き味や書き心地はもちろん、仕上がりにもこだわりを持つはずです。
1960年、そんなわたしたちのこだわりを形にした紙がについに完成しました。
それがMD用紙です。

MD用紙は、日本製紙の工場で抄造されています。
工場では、材料であるパルプを溶かし、紙に必要な繊維を取り出し、ローラーで圧縮しながら水分を抜いて乾燥、そしてロール状に巻き取るまでが、全長80mのラインでオートマティックに流れていきます。
巨大な抄紙(しょうし)機は、ほとんど人の手を必要とせずに、集中制御により稼動していますが、最後の紙の仕上がり具合のチェックは人の手でなければなりません。
紙の厚さ、重さ、色などのスペックの検査からはじまり最も時間がかかるのが筆記特性のチェックです。
インクのにじみ具合、乾きやすさ、裏抜けがないか、さらに、すべり具合、ひっかかり具合といった書き味や風合いなどの質感まで、さまざまな項目をいろいろな筆記具を使って検査します。
私たちの定めた厳しい検査基準をクリアした紙だけが、MD用紙として出荷され、ダイアリーをはじめ、日記、メモ等の商品に採用されています。

万年筆から鉛筆まで、さまざまな筆記具で心地よく書けるように作られた紙です。ぜひ、いろいろな筆記具を試してMD用紙の書き心地を楽しんでください。

メーカーサイトより引用

スピン(紐しおり)の色は掲載画像と異なる場合がございます
4902805150019
15882539

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツを見る

>